「徳島大学AWA(OUR)サポートシステム」が『平成22年度科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成」』に採択されました。

2010年5月26日

 

文部科学省が公募した『平成22年度科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成」』に、徳島大学の提案課題「徳島大学AWA(OUR)サポートシステム」が採択されました。
「女性研究者支援モデル育成」プログラムは、女性研究者がその能力を最大限発揮できるようにするため、大学や公的研究機関を対象として、研究環境の整備 や意識改革など、女性研究者が研究と出産・育児等の両立や、その能力を十分に発揮しつつ研究活動を行える仕組み等を構築するモデルとなる優れた取組を支援 することを目的としています。事業規模は1年度当たり2千万円から4千万円程度で、期間は3年間とされています。

 

(採択内容)
課題名:「徳島大学AWA(OUR)サポートシステム」
課題の概要:

結婚・出産・育児期世代の女性研究者エンパワーメントを強力に推し進めることにより、将来、上位職に応募可能な実績と高い意識を持つ女性研究者を増加さ せる取組である。徳島大学の重点課題として取り上げている「男女共同参画の推進」のために、意識啓発の推進、女性研究者支援、ワークライフバランス実現に 向けての支援、を大学全体として強化していく。特に、30歳代を中心とした「子育て世代の女性研究者層の底上げ」を目指して、全教職員がワークライフバランスを保ちながら多様性に富み活力に満ちた男女共同参画社会のメリットを実感できるように、徳島大学AWA(OUR)サポートシステムを加速推進する。

awaoursuportsystem.jpg

期間:3年間

文部科学省のホームページはこちら