平成22年度徳島大学外国人留学生奨学金授与式を開催

2010年8月6日

徳島大学は、20年以上に亘る地元企業等からの寄附金により、国際教育研究交流事業などの国際交流を展開していますが、7月23日(金曜日)この寄附金による平成22年度外国人留学生に対する奨学金授与式を、寄附企業関係者の臨席の下、徳島大学地域・国際交流プラザ(徳島市新蔵町)で開催しました。(写真1)

 

20100723_investiture01.jpg

寄附企業関係者・大学関係者(前列)と奨学生一同(写真1)

 

 

この奨学金には、寄附企業により、蔵本地区にある医学、歯学、薬学系の学生を対象とする「藤井・大塚国際教育研究交流資金」と、常三島地区にある総合科学、工学系の学生を対象とする「徳島大学国際教育研究交流資金」とがあり、本年度は、それぞれ、14名と16名の合計30名の留学生に対して4月から奨学金を授与することとしました。

奨学金授与式では、奨学生の代表として、医科学教育部博士課程の Khongorzul Togooさん(モンゴル) (写真2)と先端技術科学教育部博士後期課程のAli Aydan 君(中国)に香川学長から奨学金受給証を授与し、口腔科学教育部博士課程の李 景君(中国)と先端技術教育部博士後期課程の孔 慶月さん(中国)が、奨学生を代表して出席した企業関係者に対して、この奨学金により研究や勉学に専念できることなどの謝辞を述べました。

 

20100723_investiture02.jpg

香川学長から奨学金授与証を授与される留学生代表(写真2)

 

授与式終了後、引き続き開催された交流会は、留学生らの研究生活や修了後の進路などについて寄附企業関係者に報告する良い機会となり、徳島大学では今後も、このような寄附企業と外国人留学生との交流の場を設け、国際教育研究交流事業への地元企業の理解と一層の支援をお願いすることとしています。