理工学部

 

理工学部の概要

理工学部は、理工学の幅広い分野をカバーする1学科6コース4系、社会人にも門戸を開く夜間主コースにより構成され、科学技術の両輪となる理学と工学が融合した先進基礎教育による、イノベーションを支える俯瞰的視野をもった人材の育成、並びに科学技術の進歩に対応できるグローバル人材の育成を目指しています。

さらに、志望と成績により2年次進級時にコース変更を可能とする経過選択制の導入、科学・技術・工学・数学4分野の理工学基礎教育(STEM 教育)の充実、学部の基盤教育と大学院の研究を通した教育を円滑に接続する6年一貫カリキュラムの導入等様々な特色ある教育システムを展開しています。

数学・理科の中学校教諭や数学、理科、情報、工業の高校教諭の免許状の取得も可能であり、また卒業後は、産業界のあらゆる業種へ進路を求めることが可能です。

理工学科

応用理数コース(理学系)

応用理数コースでは、自然に属する対象を取り扱い、自然科学の基礎となる数学、物理学、化学、生物学、地学を学びます。

数理科学系では、数学を学びたい人、コンピュータや情報科学に興味がある人、「数学」や「情報」の教員を目指す人などを広く求め、数学と情報科学の教育と研究を行っています。

自然科学系では、宇宙・地球から生物、さらには原子や素粒子の性質まで、全ての物質・生命に関わる現象を理論・実験を通して研究します。

社会基盤デザインコース(工学系)

社会基盤デザインコースでは、安全・快適で、豊かな国土の基礎となる様々な建造物に関する計画・調査・設計・施工・維持・管理に必要な基礎理論と応用を学ぶことができます。

機械科学コース(工学系)

物理・数学の理学的素養の上に、現代の全ての科学技術基盤を支える機械工学に関する基礎知識と技術の教育を行います。その上で産業機器、自動車、制御関連分野のみならず、電子工学、情報工学、化学工学など、学際領域でのものづくりや技術革新の構築に貢献できる人材を養成します。

応用化学システムコース(工学系)

化学技術を応用できる広範な理工学分野に適合するための応用化学、化学工学、グリーンテクノロジーに関する教育を展開。無機化学、有機化学、物理化学などの「基礎化学」に関する理学分野と、応用を特徴とした「工学系化学」を融合した幅広い「理工学」の知識を生かし、化学産業の発展に貢献できる人材を育成します。

電気電子システムコース(工学系)

数学、物理、化学の知見をもとに、エネルギーの発生とその有効利用技術だけでなく、センサや電子部品、それらを用いた計測制御・通信機器開発技術やネットワーク技術などを有する、今後の高度情報化社会で不可欠な人材を養成します。

情報光システムコース(工学系)

基礎科学の広範な知識に加え、情報工学、光工学、知能工学を融合する学びにより、知的で創造的な情報システムや光システムの発展に貢献し、問題発見能力、計画立案能力、課題解決能力を有する研究者・技術者を養成します。

教育内容

高度な専門能力を身につけることができるカリキュラム構成となっています。

シラバス(授業概要)ページへリンクしています。

教育研究者総覧の工学部のページへリンクしています。(別ウインドウで開きます。)

理工学部の前身である総合科学部総合理数学科及び工学部(生物工学科を除く)の情報です。

学位授与に関する基本的な方針を定めています。

最終更新日:2017年1月26日