総合科学部

 

 

社会を変革する地域人材・グローバル人材の養成

国内外の諸地域では、グローバル化、少子高齢化、健康社会づくり、地域活性化などに関わる地域課題の解決やそのための社会的取組が求められています。総合科学部社会総合科学科では、多様な学術・学際的教育研究活動に取り組む中で、総合的な視点と知識を身につけ、グローバル化する現代社会の諸問題や地域課題を分析する能力と技能、情報発信能力、マネジメント・コーディネート能力を有し、地域社会の文化や生活の創造に貢献できる人材の養成を目指しています。カリキュラムも、社会的実践力を養う実践学習科目やグローバル化教育の充実に特色があります。

社会総合科学科

国際教養コース

海外留学などを通じて培われる高度な語学・コミュニケーション能力、豊かな「教養」に裏打ちされた多面的な思考力、異文化及び自文化への 洞察力、これらを養成し、グローバル化がもたらす諸課題に主体性と幅広い視野を持って対処できる人材の養成を目標とする。

心身健康コース

人間の心と身体の働きに着目して、人間科学の諸領域からQOL(Quality ofLife)の向上を追求できる人材の育成が、心身健康コースの使命であると考えています。この使命のもと、本コースでは、複雑化していく社会の健康課題を解決するために、自ら考え行動する人材の養成を目標とする。

公共政策コース

社会科学のうち、法律学、政治学、経済学、及び経営学の基礎能力を総合的に習得するとともに、これら4分野からゼミを選択し専門性を身につけることにより、社会が直面する問題に対して複眼的な視野で分析・検討を行い問題解決に向け提案・実現する能力を持った人材の養成を目標とする。

地域創生コース

地域的課題の解決に向け、地域の文化と社会を調査・研究をする学問領域とメディア表現やICTなどの技術領域を融合した「まちづくり・地域づくり」プロジェクトを展開し、地元の皆さんと共に地域社会の問題解決や発展のために取り組む実践活動を通して、地域社会に貢献できる人材の養成を目標とする。

教育内容

広く総合的な視野を広げる科目構成となっています。

シラバス(授業概要)ページへリンクしています。

教育研究者総覧の総合科学部のページへリンクしています。(別ウインドウで開きます。)

専門科目を学びながら教員免許やその他の資格取得が可能です。

就職状況は良好で、希望する学生のほぼ全員が就職しています。

学位授与に関する基本的な方針を定めています。

最終更新日:2016年4月1日