生物資源産業学研究部

 

 

生物資源産業学研究部の概要

生物資源の生産・加工・応用と産業化の教育研究拠点

平成28年4月に生物資源産業学研究部が設置されます。この研究部は、生物資源生産科学分野、食料科学分野、応用生物資源学分野、生体分子機能学分野、生物育種生産学分野の5つの分野から構成されています。動物、植物、微生物、生物由来廃棄物からなる全ての生物資源を活用し、食料の安定供給、機能食品開発、医療応用、バイオエネルギー生産を通じて、新たな産業を創出し、人類の健康、生物環境の保全、地域社会の活性化に貢献することをめざします。そのため、生命科学の先端的基盤研究ならびに製品化や産業化につながる応用研究を強化し、社会の諸問題を解決できる体制の整備と充実を図ります。また、生物資源の活用には多様な研究者の連携が必要です。理工学研究部、医歯薬学研究部や総合科学研究部と連携した研究体制の推進を図ります。

最終更新日:2016年4月1日