研究概要

咀嚼、嚥下、唾液分泌などは反射も含めた体性・自律神経系制御を受け、また口腔は味覚・嗅覚などの化学感覚と表在・深部感覚などの体性感覚の合流する部位でもある。さらに、このような口腔機能を制御している脳領域は情動との関わりも深いことがわかってきた。これらのことから、口腔領域は健康の維持・増進にきわめて重要な生理的機能を担っていることがわかる。そこで、当分野では、顎顔面口腔領域の生理機能とそれに関わる脳部位に焦点を当て、神経生理学的および分子生物学的手法を用いて以下のテーマについて研究を行っている。

<脳関連>

<唾液腺関連>