教育内容

 

徳島大学歯学部生体材料工学分野 教育内容

 

hair line

生体材料工学分野 担当科目と内容(歯学科)

hair line

 

 

歯科理工学(A・B・C)

[授業概要]

 欠損した歯や骨を再建するために人工素材(材料)が利用されている。こうした目的で利用されている材料はバイオマテリアルと総称される。講義は喪失した組織をバイオマテリアルにより合理的に再建するための技術とその限界を理解することを目的として、総論では材料の基本的な性質(物性)、材料設計の考え方、加工方法、材料に対する生体の応答について講述する。

 

 また、材料が生体内で機能するためには、材料がその形態を維持することは不可欠である。したがって、力学的環境の表現形式としての応力、ひずみの概念と材料力学の初歩的な講述も併せておこなう。  

 

 各論では、現在用いられている歯科材料(デンタルバイオマテリアル)について、口腔の外で成形・加工して口腔内に装着される補綴修復物と患者の口腔内に直接入れられ硬化反応により修復物となる歯科材料について、操作性、強さ、寸法適合性、機能期間(材料の寿命)、などにつき講述する。また、欠損した歯や骨を再建するための基本的な考え方を模索しながら、先端の材料開発の動向、医歯用材料の将来展望について考えていく。

 

[学習目標] 

 強度、耐久性、審美性、生体適合性などの諸性質と材料による修復の限界を理解し、適切な材料選択、有効な材料設計をするために、専門書を読み理解できる程度の基礎知識の習得を目標としている。

 

[学習方法] 

 講義は、材料学の基本的な項目について体系的に纏めて講述する。講述後、レポートなどの提出を求め、学習成果があがるように進める。

 


 

歯科理工学実習

[授業概要]

歯科材料・器械についての基本的知識の習得と、歯科の分野で利用されている材料の相変態、相反応、物理・機械的性質の温度依存について実習および実験を通して理解を深める。

 

[学習目標]

講義で知り得た基本的な材料学および歯科材料学の知識を実習、実験等で再確認するとともに、補綴、修復物を作製するための材料の基本的な性質を理解する。また、物理的、化学的および機械的な性質を評価する方法、理論を経験的に学ぶ。

 

[実習方法]

実習は、12名程度のグループで実施する。実習の項目は15項目とし、ローテーションを組んで行う。各項目の実習終了後、グループで実験結果をまとめ、各個人がその結果の解析および考察を行い、次回の実習時(次週以降)にレポートを提出する。

 

hair line

 

 徳島大学歯学部ホームページへ 

 

hair line