顎口腔病態制御学講座

歯周歯内治療学分野

永田俊彦教授 メールアドレス nagata.toshihiko@tokushima-u.ac.jp

 

当教室では、歯周病および歯内疾患の診断と治療に関する臨床的・基礎的研究を進めている。とくに、歯周病が全身の健康と密接に関連する病気であることを意識し、細胞レベルで歯周病を分析することにより、新しい診断法や治療法の開発をめざしている。

 

主要研究テーマ

  1. 歯周病における感染防御を担うカルプロテクチンの発現調節と臨床応用
  2. 種々の薬剤や細胞成長因子の歯周組織再生効果に関する基礎的および臨床的研究
  3. 糖尿病モデルラットを用いた歯周組織・歯髄組織の病態変化
  4. 薬物誘発性歯肉増殖症の病因究明
  5. 歯周病と象牙質知覚過敏症についての臨床疫学研究
  6. 歯髄内石灰化現象の分子機構解明

 

歯周歯内治療学オリジナルサイトはこちら

 

 

歯科放射線学分野

誉田栄一教授 メールアドレス honda@dent.tokushima-u.ac.jp

 

口腔・顎・顔面領域疾患に関する画像診断学的研究により診断精度の向上をめざすとともに、必要な画像情報に対する放射線線量の適正化に関する研究を行い、放射線被曝の減少をはかっている。さらに、画像、診断情報などのネットワーク化による診療支援システムの開発により、診断の効率化をはかっている。

 

主要研究テーマ

  1. 口腔・顎・顔面領域疾患の診断基礎および診断に関する画像診断学的研究
  2. 画像所見の数値表現化に関する研究
  3. 必要な画像情報に対する放射線線量の適正化に関する研究
  4. 顎関節の形態と機能に関する画像診断学的研究
  5. CT、MRI、超音波、核医学による頭頸部疾患の画像診断学的研究
  6. HIS(病院情報システム)、RIS(放射線情報システム)、PACS(統合画像診断管理システム)、モダリティ(画像診断装置)連携による診療支援システムの開発

 

 

歯科麻酔科学分野

北畑洋教授 メールアドレス hiroshi@tokushima-u.ac.jp

 

麻酔薬は様々な膜蛋白に作用することにより,生体内で麻酔作用以外に多様な反応を生じさせる。歯科麻酔科学分野では臨床への応用を目指して,培養ラット心筋細胞などを用いて以下の基礎的研究および臨床研究を行っている。

 

主要研究テーマ

  1. ストレス蛋白質誘導による心筋保護と麻酔薬プレ/ポストコンディショニング作用に関する研究
  2. 静脈麻酔薬が血管内皮細胞増殖因子と血管新生に与える影響
  3. 鉄イオン遊離に関与する還元物質の解明と酸化ストレスに対する局所麻酔薬の影響
  4. Stroke Volume VariationやPleth Variability Indexなどを用いた循環動態の急変を予測できる動的指標に関する研究

 

最終更新日:2014年5月30日