社会人特別選抜について

歯科医学の進展および歯科医療の高度化・専門分化が進行する時代においては、幅広い専門知識と先進的医療技術を有する研究者および医療人を育成することが大学院の役割です。このような人材を育成するためには、開業医、勤務医、歯科衛生士などの社会人に対する生涯教育のためのリフレッシュ教育を口腔科学教育部で担当し、リサーチマインドを備えた歯科医療人を養成することも重要な使命の一つです。社会人特別選抜は、社会人を続けながら口腔科学に関する基礎研究あるいは臨床研究を行って学位取得(修士あるいは博士)を目指そうとする人達のための大学院コースです。時間的な制約から修業年限内に学位論文を仕上げるのが困難な人に対しての長期履修制度も備えております。

 

出願等については,随時, “入試案内 >> 大学院募集要項” でご案内しています。

最終更新日:2011年4月12日