徳島大学歯学部及び大学院口腔科学教育部自己点検・評価委員会規則

(設置)

第1条 徳島大学歯学部及び大学院口腔科学教育部に、徳島大学歯学部及び大学院口腔科学教育部自己点検・評価委員会(以下「委員会」という。)を置く。

 

(所掌事項)

第2条 委員会は、次の各号に掲げる事項を審議する。

(1) 自己点検・評価及び外部評価(以下「自己評価等」という。)の実施項目、実施内容及び実施方法に関すること。
(2) 自己評価等の実施及びその結果の公表に関すること。
(3) 自己評価等の結果に基づく改善策に関すること。
(4) その他自己評価等に関して必要な事項。

 

(組織)

第3条 委員会は、次の各号に掲げる委員をもって組織する。

(1) 歯学部長
(2) 歯学部に併任された大学院ヘルスバイオサイエンス研究部歯学系分野の基礎系研究分野に所属する教授のうちから選出された者 2人
(3) 歯学部に併任された大学院ヘルスバイオサイエンス研究部歯学系分野の臨床系研究分野に所属する教授及び医学部・歯学部附属病院歯科診療部門等に所属する教授のうちから選出された者 2人

 

1 前項第2号及び第3号の委員は歯学部長が命ずる。

2 第1項第2号及び第3号の委員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし、委員に欠員が生じたときの後任者の任期は、前任者の残任期間とする。

 

(委員長)

第4条 委員会に委員長を置き、第3条第1項第2号及び第3号の委員のうちから、委員の互選によって定める。

1 委員長は、委員会を招集し、その議長となる。
2 委員長に事故があるときは、委員長があらかじめ指名する委員が、その職務を代理する。

 

(会議)

第5条 委員会は、委員の過半数の出席がなければ会議を開くことができない。

1 議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

 

(委員以外の者の出席)

第6条 委員会が必要と認めるときは、会議に委員以外の者の出席を求めて、意見を聴くことができる。

 

(専門委員会)

第7条 委員会に、専門委員会を置くことができる。

1 専門委員会について必要な事項は、委員会が別に定める。

 

(庶務)

第8条 委員会の庶務は、医学・歯学・薬学部等総務課において処理する。

 

(雑則)

第9条 この規則に定めるもののほか、委員会について必要な事項は、委員会が別に定める。


附則
この規則は、平成3年10月24日から施行する。

附則
この規則は、平成10年6月9日から施行する。

附則
1 この規則は、平成11年4月1日から施行する。

2 改正前の第3条第1項第2号及び第3号の規定に基づき選出された委員の任期は、同条第3項の規定にかかわらず、平成11年3月31日までとする。
附則
この規則は、平成15年10月1日から施行する。

附則

1 この規則は、平成16年4月1日から施行する。
2 この規則施行の際、施行日の前日において徳島大学歯学部及び大学院口腔科学教育部自己点検・評価委員会委員である者は、この規則により選考されたものとみなし、その任期は、改正後の第3条第3項の規定にかかわらず、平成17年3月31日までとする。

最終更新日:2008年11月5日