大学院講義を兼ねた特別講義

演題:    The Many Faces of Calprotectin in Autonomous Oral Mucosal Immunity

講師:    Dr. Mark C. Herzberg

日時:    平成19年3月5日月曜日

16時30分~17時30分

場所:    歯学部示説室(4F)

担当教授:    永田俊彦・木戸淳一

対象年次:    教職員・大学院生・学部学生


演題:The Many Faces of Calprotectin in Oral Mucosal Immunity

講師:Dr. Mark C. Herzberg

米国ミネソタ大学歯学部教授 (Dept. of Diagnostic and Biological Sciences)

 

Herzberg 先生は口腔感染症の分野で活躍されている著名な研究者であり、1993年~2004年にかけてJournal of Dental ResearchのEditorを務められました。ミネソタ大学においては大学院講座の教授として長年にわたり大学院教育に専念され現在も精力的に活動されています。先生の専門は、口腔細菌学と粘膜免疫学の分野において抗菌ペプチド、バイオフィルム、HIVおよび口腔細菌と心臓疾患との関連研究など多岐にわたっております。本講演では、口腔上皮細胞が発現する抗菌ペプチドであるカルプロテクチンについてHerzberg先生とその門下生が取組んできた研究を中心にご紹介いただきます。

 

共催:財団法人 岩垂育英会

最終更新日:2009年2月23日