大学院特別講義・「魅力ある大学院教育」イニシアティブFD講演会

演題:    口腔粘膜上皮が司る自然免疫応答に対するPorphyromonas gingivalisの影響
講師:    河井敬久博士
日時:    2007年12月6日木曜日

17時~18時

場所:    歯学部大講義室(4F)
担当教授:    松尾 敬志
対象年次:    HBS大学院生、学部学生、教職員、研究者

 


 


講師紹介
Dr.河井敬久(D.D.S.,Ph.D.)

Department of Immunology,

The Forsyth Institute Boston, Massachusetts, USA


今回の講演では、口腔粘膜上皮細胞が司る自然免疫機構のPgによる抑制メカニズムの解明のための研究経過を紹介して下さる予定です。

本講義は平成19年度文部科学省「魅力ある大学院教育」イニシアティブ”歯科専門医教育の指導者養成プログラム“の一環として開催します。また本講演は、口腔科学教育部の大学院講義を兼ねています。
HBS大学院生、学部学生、教職員、研究者の皆様の多数の御来聴をお待ちしております。

最終更新日:2009年2月23日