GRE等を課す外国人留学生特別入試

募集要項(227KB)

GRE(Graduate Record Examination)等を課す外国人留学生特別入試は,入学試験を受験するために来日することが困難な外国人で,受入教員の推薦により能力・学力があると保証された者を対象とする。

 

1. 募集人員

専  攻募集人員
口腔科学専攻 若干名

2. 出願資格

  1. 外国において,学校教育における18年の課程(最終の課程は歯学,医学,薬学又は獣医学)を修了した者及び2018年3月31日までに修了見込みの者
  2. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における18年の課程(最終の課程は歯学,医学,薬学又は獣医学)を修了した者及び2018年3月31日までに修了見込みの者
  3. 我が国において,外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における18年の課程(最終の課程は医学,歯学,薬学又は獣医学)を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって,文部科学大臣が指定するものの当該課程を修了した者及び2018年3月31日までに修了見込みの者
  4. 外国の大学その他の外国の学校(その教育研究活動等の総合的な状況について,当該外国の政府又は関係機関の認証を受けた者による評価を受けたもの又はこれに準ずるものとして文部科学大臣が別に指定するものに限る。)において,修業年限が5年以上である課程を修了すること(当該外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該課程を修了すること及び当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって前号の指定を受けたものにおいて課程を修了することを含む。)により,学士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者又は2018年3月31日までに授与される見込みの者
  5. 2018年3月31日までに外国において学校教育における16年の課程(歯学,医学,薬学又は獣医学を履修する課程を含む者に限る。)を修了し,本口腔科学教育部が,所定の単位を優れた成績をもって修得したものと認めた者
  6. その他徳島大学大学院口腔科学教育部において,大学(歯学,医学又は修業年限6年の薬学若しくは獣医学を履修する課程)を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者

以上のいずれかに該当し,日本語を理解できる事が望ましい。

 

Notes:

  • 出願前に本教育部の受入指導教員と連絡を取り,インターネットによるインタビューを受けてください。
  • 出願資格(1)(2)(3)(4)により出願しようとする者は,「入学志願票」及び「最終学校の卒業証明書」のpdfファイルを,徳島大学蔵本事務部歯学部事務課学務係(isygakumu2k@tokushima-u.ac.jp)まで送ってください。
  • 出願資格(5)(6)により出願しようとする者は,事前審査を必要とするので,「出願資格審査調書」,「最終学歴の成績証明書」及び「最終学校の卒業証明書」を,2017年6月30日(金)までに書留で徳島大学蔵本事務部歯学部事務課学務係へ送付してください。
  • GRE等を課す外国人留学生特別入試とそれ以外の一般入試を同一年度の同一時期に併願することはできません。

 

3. 選抜方法

  1. 入学者の選考は,GRE及びTOEFLの成績並びに出願書類に基づく書類審査の結果を総合して判定する。
  2. GREのSubject TestとTOEFLの成績が定められた基準を満たさない場合は,合格者とはならない。
  3. GREのtestとTOEFLの成績は2年以内のものを用いることとする。なお,英語が母国語の応募者の場合にはTOEFLの成績は要求しない。

 

4. 出願書類

下記の書類を,すべて書留にて郵送してください。


  1. 入学志願票 本口腔科学教育部所定の用紙に必要事項を記入したもの
  2. GREのSubject Testの成績(Official Score ReportExaminee's Score Recordのコピーを提出して下さい。)

 

Notes:

  • 徳島大学大学院口腔科学教育部のGREコード番号は0309です。Official Score ReportはETSから徳島大学大学院口腔科学教育部に直接郵送されますので、GRE受験の際には解答用紙にこのコード番号を記入して下さい。これまでに受験したGREのスコアレポートが必要な場合はScore Report Request Formにコード番号を記入して下さい。
  • 各分野が要求するGRE Subject testの科目は以下のとおりです。

研究分野教授名GREの試験科目
(いずれか1つを選択)
口腔顎顔面形態学 馬場 麻人 (1),(2)
組織再生制御学 山本 朗仁 (1),(2)
口腔分子生理学 吉村  弘 (1),(2)
分子薬理学 吉本 勝彦 (1),(2)
生体材料工学 濵田 賢一 (3),(5)
予防歯学 伊藤 博夫 (1),(2),(3)
歯科保存学 松尾 敬志 (1),(2),(4)
顎機能咬合再建学 松香 芳三 (2),(4)
口腔内科学 東  雅之 (1)
口腔外科学 宮本 洋二 (1)
口腔顎顔面矯正学 田中 栄二 (2),(4)

(1)Biochemistry, Cell and Molecular Biology

(2)Biology

(3)Chemistry

(4)Literature in English

(5)Physics


※詳細については10.各分野の情報を参照してください。

 

  1. TOEFLの成績(Official Score ReportExaminee's Score Record のコピーを提出して下さい。)

 

Note:

Official Score Reportは,出願期間内(2017年7月21日(金)まで)に徳島大学に届くように,米国ETS(Educational Testing Service)に対して所定の手続きを行ってください。徳島大学大学院口腔科学教育部のTOEFLコード番号は2795です。TOEFL受験の際には解答用紙にこのコード番号を記入して下さい。これまでに受験したTOEFLのスコアレポートが必要な場合はScore Report Request Formにコード番号を記入して下さい。


  1. 本国での指導教員,及び学部長あるいは研究科長以上の立場にある方の推薦書各1通
  2. 成績証明書(出身大学発行の最終学校成績証明書)
  3. 卒業(見込)等証明書(原本を提出すること)
  4. 検定料納付が確認できる書類 (支払い後に受け取るお客様控え又は支払い完了メール等)
  5. 修士課程の成績。さらに修士論文や科学雑誌などに発表した論文がある時にはこれらも提出してください。

 

Notes:

  • 推薦書及び成績・卒業証明書が日本語,または英語以外で書かれているものについては,証明大学が発行した和訳か英訳を添付してください。
  • 提出した書類は一切返却しません。

 

5. 出願受付期間

2017年7月7(金)から7月21日(金)までの毎日,日本時間で9時から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は除く)(消印有効)

 

6. 検定料

30,000 円


日本国外に居住する者は、徳島大学ホームページ内の「留学生ポータル」
http://admission.isc.tokushima-u.ac.jp/
からインターネット出願をすることにより,クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS等)又は中国銀聯カードにより検定料を支払ってください。

なお,検定料支払いに必要なID,パスワードは,出願資格が確認できた方に別途,メールでお知らせします。

 

7. 入学時に必要な経費(2018年度予定額)

  1. 入学料  282,000円
  2. 授業料 博士 267,900円 (年額535,800円)
    (注) 入学時又は在学中に改定が行われた場合には改定時から新たな金額が適用されます。
  3. 学生教育研究災害傷害保険料 3,370円 (4年分)
  4. 学生後援会費 11,000円 (4年分、入会金を含む)

 

Note:

  1. 授業料免除制度及び奨学金については,下記のリンクを参照してください。
    授業料免除制度
    → http://www.tokushima-u.ac.jp/campus/scholarship/
  2. 奨学金
    → http://www.tokushima-u.ac.jp/campus/scholarship/scholarship.html

※上記以外に,歯学部私費外国人留学生スカラーシップ助成金制度があります。月額30,000円を上限として支給されますが,他の奨学金の受給状況によって,受給できない場合もあります。

 

8.合格者の発表(掲示及び郵送により通知する)

合格者の発表は,2017年9月21日(木)10時に本学歯学部掲示板及びホームページに掲示する(期間 ~3月31日まで)とともに,合格者に対しては合格通知書を送付します。(電話等による合否の問い合わせには一切応じられません。)

 

9. 願書郵送先及び連絡先

徳島大学蔵本事務部歯学部事務課学務係大学院担当

  〒770-8504 徳島市蔵本町3丁目18番地の15
電話: +81-(0)88-633-7310
Fax: +81-(0)88-631-4215
E-mail: isygakumu2k@tokushima-u.ac.jp

 

Note:

  • 出願は郵送に限ります。

 

10. 各分野の情報

 

研究分野教授名研究内容
口腔顎顔面形態学 馬場 麻人
  • 頭頸部諸構造の肉眼解剖学的研究
  • 歯・歯周組織の形成・再生の解析
  • 遠赤外線の機能解析と予防医学
組織再生制御学 山本 朗仁
  • 口腔組織幹細胞を用いた再生医療の開発
  • 幹細胞が産生する組織再生因子の固定と再生メカニズムの解明
  • 腫瘍の骨転移メカニズムの解明と新規抗がん剤の開発
口腔分子生理学 吉村  弘
  • NMDA受容体とシナプス可塑性
  • 脳における口腔感覚情報の統合と相互作用
  • 咀嚼系活動による認知機能障害の改善
  • 水チャネル,アクアポリンの発現調節と機能調節の分子機構
  • 唾液腺における炎症性サイトカインの誘導と口腔の防御システム
分子薬理学 吉本 勝彦
  • 腫瘍化の分子遺伝学的解析
  • 膵β細胞の増殖・分化・死
  • アディポカインによる代謝調節
  • 薬物受容体の動態と細胞内情報伝達系
  • 唾液分泌と膜輸送蛋白質の調節機構
  • 唾液におけるバイオマーカー
生体材料工学 濵田 賢一
  • 高機能性インプラント材料の開発
  • 医療デバイス用新規合金の開発
  • 新規生体用セラミックスとその用途の開発
  • 強固な接着と容易な除去を両立する歯科用スマートセメントの開発
予防歯学 伊藤 博夫
  • 粘膜免疫,免疫ネットワーク,免疫学的記憶,および母子免疫
  • 酸化ストレス制御による歯科疾患予防と全身の健康増進
  • 歯周病検査および口臭検査法の新規開発のための唾液成分解析
  • 歯周病とう蝕の予防と治療に関する臨床疫学的研究
歯科保存学 松尾 敬志
  • 齲蝕ならびに感染根管における細菌の侵襲に関する研究
  • 齲蝕細菌封じ込め法を応用した新しい齲蝕治療法の開発
  • 歯髄炎に関する基礎的ならびに臨床的研究
  • 歯周病における組織破壊とその抑制に関する研究
  • 象牙質知覚過敏症の治療法の開発
顎機能咬合再建学 松香 芳三
  • 顎運動と咬合に関する研究
  • 睡眠ブラキシズムに関する研究
  • 顎関節症ならびに口腔顔面痛の診断と治療に関する研究
  • 歯や組織再生に関する研究
  • 金属アレルギーに関する研究
  • 補綴臨床に関する臨床疫学研究
口腔内科学 東  雅之
  • 唾液腺機能の再生医療
  • 口腔癌の分子標的治療
  • 口腔顔面痛の新規診断・治療法の開発
  • 歯科心身症と自律神経系異常に関する研究
  • 口腔粘膜疾患の治療法の開発
口腔外科学 宮本 洋二
  • 口腔癌に対する分子標的治療の開発
  • 口腔癌の抗癌剤耐性化機構に関する研究
  • 口腔癌に対する新規免疫療法の開発
  • チタンインプラントの新規表面処理法の開発
  • 新規骨再生医療の開発
  • 生体内吸収性骨補填材の開発
口腔顎顔面矯正学 田中 栄二
  • 頭蓋顎顔面の発生および成長発育機構に関する研究
  • 力学的刺激による歯周組織の改造に関する研究
  • 骨形成および骨吸収に関する生物学的研究
  • 先天異常や顎変形症に関する研究
  • 新規矯正材料の開発に関する研究
  • 顎・口腔系組織の再生医学に関する研究

 最終更新日:2017年5月23日