阿波ビブリオバトルサポーター

阿波ビブリオバトルサポーター

紹介

阿波ビブリオバトルサポーター

「ビブリオバトル」という言葉を聞いたことがありますか?
ビブリオバトルとは、参加者が各自お気に入りの本を持ちより、5分間でプレゼンテーションを行う本の紹介ゲームです。発表を聞いた観覧者が「どの本が一番読みたくなったか」を基準に投票し、一番得票数が多かった本が≪チャンプ本≫となります。

2007年に考案されたビブリオバトルは現在全国に広がりを見せています。私たち阿波ビブリオバトルサポーターは、徳島県でビブリオバトルの企画・運営を行っています。徳島では知られていなかったこのビブリオバトルを普及するため、徳島大学はもちろん、県内の図書館や書店、文学施設など、あらゆる場所でイベントを実施してきました。依頼を受ければ出張ビブリオバトルとして、デモンストレーションも行います!

とはいえメンバー全員がプレゼン好きなわけではありません。実は人前で話すのは苦手、という奥手メンバーも多数。ですが本に対する熱意は負けません。「この本をみんなに読んでもらいたい!」「新しい本に出会いたい!」そんなアツイ想いを胸に秘めて、精力的に活動しています。

ビブリオバトルは「人を通して本を知る、本を通して人を知る」というキャッチコピーをもつコミュニケーションゲームです。本好きのみなさん、一緒にビブリオバトルで徳島県を盛り上げていきませんか?少しでも興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください。バトラー(発表者)、スタッフ、どちらも大歓迎です!