木沢 2泊3日民泊体験【ふるさと愛好会】

2017年10月20日

2017年9月7日(木)〜9日(土)
木沢 2泊3日民泊体験

今回は、那賀町の木沢でフィールドワークと民泊体験をしました。
1日目は日本の滝百選に選ばれている大釜の滝に行きました。川は水が澄んでいてきれいでした。
kisawa3.jpg
近くにあるトンネルは、材質が軟らかいため、手で掘って作られているそうです。中に入るとひんやりと涼しかったです。
2日目の午前中は、敬老会に参加させていただきました。今回の敬老会は、80歳になり敬老会に入会する方、金婚、プラチナ婚の方をお祝いする会でした。
お祝いでは、地区に住む有志の方々が各々自分の特技を披露しました。歌や人形浄瑠璃、マジックなど様々な出し物があり、観客参加型の出し物では会場全体が笑いに包まれるなど、温かい雰囲気でした。
kisawa4.jpg
午後は、風車と黒瀧寺に行きました。風車から見る風景はとてもきれいでした。夜は民泊先から近い小学校の体育館でバレーボールに参加しました。
最初に2手に分かれてパス練習をし、その後4人4チームに分かれて試合をしました。初めは上手くレシーブやトスが出来ませんでしたが、同じグループの方だけでなく、周りの方にも声をかけてもらいながら和気あいあいと楽しくバレーボールをすることができました。
kisawa6.jpg
3日目は、ゲストハウスから民泊の家までロードとクロスのバイクに乗ってサイクリングをしました。下り坂のためスピードが速く、風を切る感覚が爽快でした。
2泊3日を通して民泊をさせてくださったえみこさんのご飯は彩りがきれいで、ボリュームもあり、そしてとても美味しかったです。
地域の方々は、笑顔で会やバレーボールに迎えてくださいました。私にとって初めての民泊でしたが、民泊先の方とゆっくりとお話ができて、家庭の味を楽しめるところが民泊の良いところであると思いました。次回は、柚子狩りと神社の祭りがあるそうなので、お手伝いに行き、また地域の方と交流をしていきたいです!