スポーツレスキュー2015(秋)【ふるさと愛好会】

2015年11月10日

2015年11月7日@那賀町・牟岐町・美波町

夏にも開催されたスポーツレスキューの秋大会に参加してきました!
スポーツレスキューとは、“BERT”という団体が主催されているものです。
災害(地震・津波)が起きたと仮定して、自動車では走行不可能な道でも走行可能なバイクを活用した
支援物資の運搬の訓練とイベントを掛け合わせたものです。
今回は、バイク部隊だけでなく、空から支援物資を運搬する「モーターパラグライダー」も参加し、
陸空合同作戦(!?)を実施しました。

まずは、参加者の紹介と支援物資の説明がありました。
ふるさと愛好会の代表として我らが金地が挨拶をしました。
これから来るであろう災害に備えて多くのことを学びたいという意気込みを
みんなを代表して語ってくれました。

挨拶
支援物資の紹介もありました。
水で点灯するライトや液体ミルクはすごいなと思いました。
医薬品や食料品だけでなく、絵本も運搬されました。
支援物資


支援物資を分配してバイク部隊の出発です!
本当にかっこよかったです。
自動車では走行できない浸水した道路でも、多少のがれきがあっても走行できるバイクは、
災害時には大活躍だなと思いました。
バイク部隊続いてモーターパラグライダー部隊も出発です!
今回は4つのモーターパラグライダーが出動しました。
初めて離陸を間近で見ましたが、とても迫力がありました!!
モーパラ1  モーパラ2
60~70kgのものは運べるそうです!(人も2人までなら乗れます★)
災害時、海路も陸路も途絶えてしまった場合、空からの運搬は画期的だと思います。

ただ、残念なことに今回は雨風が強かったため途中で着陸となり、最終地点までは運べませんでした・・・
天候に左右されるというデメリットがあることが分かりました。
空からの支援ができない事態も考えられるため、無人のモーターパラグライダーを開発するなどの工夫が
必要になりそうだなと思いました。

一方、バイク部隊は全員無事に到着し、物資の運搬に成功しました。
多少道が崩れていても、狭くなっていても走れるということだったので、すごいと感動しました!
到着

今回私たちは、イベントを観察して気づいた点をレポートにまとめて提出するという役割だったので、
直接お手伝いすることはありませんでしたが、皆さんの勇姿を拝見できてよかったです。
これから防災にももって関心を持ち、備えていきたいと思います。

BERTの皆さん、バイク部隊・モーターパラグライダー部隊の皆さん、関係者の皆さん
お疲れ様でした。ありがとうございました。


★おまけ★
帰りに皆さんと食事を一緒にさせていただきました。
次回は学生主体で開催してほしいとおっしゃっていたので、
ご協力させていただきたいです!!
ごはん