平成30年度 第1回授業参観・授業研究会を実施しました。

2018年6月22日

授業参観

日  時 : 平成30年6月12日(火) 13:00~14:00

場  所 : 第2臨床講堂

参加対象 : 本学教職員

授業実施教員:大学院医歯薬学研究部

多田 恵曜 先生

対象学科・学年:医学部医学科4年生

授業名:てんかんの外科

 

参観.jpg

 

授業研究会

日時 : 平成30年6月12日(火) 15:40~16:40

場所 : 脳神経外科医局

参加対象 : 本学教職員

内容: 当日は、多田先生が連続して担当された授業「脳波」「てんかん外科」および「頭部外傷」の

      中から「てんかん外科」の部分について授業参観、およびビデオ撮影、学生へのアンケートを

      行いました。そして、「頭部外傷」の授業を終えられた後で別室に移動して授業研究会を行いました。

      まず、多田先生からこの授業全体の目標と、今日の授業のねらいについて説明を聞いた後で、

      授業映像の一部を見ました。本番の授業をしている自分の姿を見るのは初めてだということでした。

      多田先生の授業は、パワーポイントを使って進められました。授業の最初に、今日の内容のポイントを

      まとめた2枚のスライドが、最後には1枚のまとめスライドが配置されていました。また、てんかんや

      てんかん発作について理解を深めることができる動画も多く、それぞれに丁寧な説明を加えながら

      進められていて、学生から分かりやすい授業であったとのコメントが多く寄せられました。

      講義で取り上げた内容と国試との関わりに関する情報もありました。授業改善の一方向として、

      講義中に双方向的な部分を意識して挿入し、形成的な学生の理解度確認をどのように行うことが

      できるか話し合いました。