スマートフォンを活用した授業改善ワークショップについて

2017年10月12日

チラシ(476KB)

 平成29年度徳島大学全学FD推進プログラム

「スマートフォンを活用した授業改善ワークショップ」実施要項  

目的

 徳島大学では平成26年度から文科省「APプログラムテーマⅠアクティブ・ラーニング」に採択されSIH道場を

  通じてアクティブ・ラーニングを推進してきた。本プログラムではより多くの教員がICT機器を活用したアクティブ・

 ラーニングを実践できるように、ワークショップ形式で知見を深めていく。 

対 象 者   教職員(常三島地区10名程度・蔵本地区10名程度) 

実 施 日   平成29年 12月14日(木) 17:00〜18:30 (蔵本地区) 
         平成29年 12月15日(金) 16:30〜18:00 (常三島地区) 

実施場所   蔵本地区:医学部保健学科CC-23講義室
 
        常三島地区:地域創生・国際交流会館共用室301
講  師   上田勇仁(総合教育センター教育改革推進部門 特任助教) 

内容 

時間

内容

詳細

5分

開会

本ワークショップの趣旨

15分

授業における

ICT機器の活用

1.    国内外の事例

2.    ICT機器の解説

10分

授業における
学生とのコミュニケーション

1.    授業満足度の確認

2.    授業理解度の確認

50分

ワークショップ

1.    Google Formの使い方・配布の仕方

2.    実際にアンケート・理解度テストを作成

3.    作成したアンケート・理解度テストの実演

10分

クロージング

1.    他のICT機器でできること

MaharaManabaMoodleの紹介)

持参物 1.授業のなかで実施予定のアンケート・理解度テスト
        2.ノートパソコン(学内のuWLANに接続できるもの)  3.スマートフォン
           4.
自身のGmailアカウント(※準備いただけない場合は事前に連絡下さい)

申し込み(下記のフォームから申し込下さい:11月10日(金)締め切り)
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeIIPDYSnMx2rgYG0OWCRmVIaV6Mb8wBJ9-K2eu26Bse3xjpg/viewform

主催  徳島大学FD委員会