徳島の自然を暮らしに取り込むプロジェクト「かずら工芸ワークショップ」を開催[9月2日(土曜日)から9月3日(日曜日)]

2017年9月11日

徳島大学にしあわ学舎では、徳島の自然を暮らしに取り込むプロジェクトの第1回目として「かずら工芸ワークショップ」を開催します。今、身近にある自然から素材を享受して、その素材の特性を活かしたモノづくりを行う力が失われつつあります。そこで徳島県内のものづくりが好きな人・学生を中心にワークショップを行い、徳島県内の自然から採取した素材を使ったお土産デザインを行います。

初回は、徳島県西部を代表する観光地である「祖谷のかずら橋」の素材にもなっている、「カズラ」をテーマに、西祖谷でかずら工芸をされている方から、かずら工芸の魅力を学び、今後工芸文化を守り継いでいくためにどうするべきか、お土産の新しい形を考えるワークショップを実施します。

 

kazura_kougei.jpg


■開催日:平成29年9月2日(土曜日)から9月3日(日曜日)

■開催場所:徳島県三好市祖谷 ※詳細はお電話にてお問い合わせください。

■対象:大学生、クリエーター、デザイナー、ものづくりが好きな人等

■参加費:3,000円(材料費等)

■スケジュール
9月2日
10:00-12:00 かずら橋・琵琶の滝
12:00-13:30 昼食
13:30-16:00 かずら工芸体験(製作)
16:00 一日目終了 

9月3日
10:00-11:00 かずら採取地視察
11:00-12:00 かずら工芸体験(下準備)
12:00-13:00 昼食
13:00-15:00 アイデアワークショップ
15:00 二日目終了

 

※集合時間、集合場所についてはお申し込み時にお伝えします。

 

 
■主催:徳島大学地域創生センター にしあわ学舎

 

お問い合わせ・お申込み先

プロジェクト担当(井上)

メールアドレス:ti.takuto.inoue@gmail.com

徳島大学地域創生センター にしあわ学舎

住所:〒779-4801 徳島県三好市井川町辻73(三好市井川総合支所内3階)

電話番号・ファックス番号:0883-78-2127

メールアドレス:nishiawa@tokushima-u.ac.jp

 

掲載日:2017年8月29日