スクールキッチンプロジェクト

センター全体プロジェクト

期間

平成27年度~(継続)

 

事業代表者/スタッフ

吉田敦也

 

連携/協定

小松島市、徳島県

 

主催/共催/後援

徳島大学地域創生センター、徳島県立小松島西高等学校/市岡製菓株式会社

 

事業のポイント、狙い

中学生、高校生を対象とした6次産品を中心とした徳島ブランド開発とグローバルマインドと地方創生パワーを兼ね備えた持った若者イノベーター創出。

 

事業概要

「スクールキッチンプロジェクト」は、小学生、中学生、高校生、大学生などが、健康的なコミュニティ(Healthy Community)を形成するに有用な「近未来商品づくり」を支援する活動。ひとりひとりが地域づくりに参加する意識を育て、これから5年程の時間軸で、自分たちの暮らしや社会に必要なものを、自分たちで開発する。それを地域の力で商品化し、雇用を生み出していく、そんな底流を、学校をプラットフォームにつくる。そのことから、創造的(Creative)で、持続する(Sustainable)地域づくりに寄与するリーダー人材を育てる。変化に対応できる(resilientな)地域として、徳島を強化する。また、ポートランド型の幸福社会の構築に寄与するイノベーションスタイルをモデル化し、2020を目途に事業進行し、東京オリンピックの大会会場や選手たちに注目される「徳島商品」を開発する。

 

具体的な成果・効果

若者目線を育成/活用することにより、日本の地方から、お菓子、おやつの概念を変化させる商品を開発し、グローバル社会へインパクトを与える。