グローバル化時代の地域社会に適合したソーシャルキャピタル育成プロジェクト

公共システムデザイン部門

期間

平成25年度

 

事業代表者/スタッフ

大橋眞

 

連携/協定

モンゴル国(モンゴルビジネス大学、モンゴル科学技術大学) タイ王国(ルンアルン学園、チェンラーイラチャパット大学)

 

主催/共催/後援

徳島大学地域創生センター/NPO法人「吉野川に生きる会」「シャンティ山口」等

 

事業のポイント、狙い

地域社会におけるグローバル化時代への対応策は、地域社会単独で行うよりも、地域社会の大学や、他の地域社会の取組みや海外の大学との連携をサポートするシステムを確立することにより、より大きな効果が期待でき、グローバル化人材育成の大学教育改革の一環としても有用である。

 

事業概要

グローバル化時代に備えて、地域社会において、これに対応できる人材育成が課題となっている。大学におけるグローバル化人材育成プログラムを地域社会における体験プログラムや、海外での地域支援活動に取組むNPOと連携させることにより、グローバル化時代における地域社会のあり方や、地域支援の意義を理解するための教育プログラム作成を行う。これにより、地域社会のソーシャルキャピタル育成とそのための方法論の確立を目指す。

 

具体的な成果・効果

地域社会のグローバル化に貢献すると共に、大学教育の改革においても有用なグローバル化人材育成プログラムを作成することが期待できる。また、大学の地域社会連携の役割を明確化することに対する貢献も大いに期待できる。