地域活性化のための健康社会教育プログラム整備

公共システムデザイン部門

期間

平成27年度

 

事業代表者/スタッフ

大橋眞

 

主催/共催/後援

徳島大学地域創生センター/NPO法人吉野川に生きる会、木村昭則式自然栽培実行委員会

 

事業のポイント、狙い

健康な地域社会をつくることが、地域活性化の重要なポイントになり得る。この事業では、地域社会の健康教育の普及を図るために、必要な教育プログラムの作成と整備をおこなう。

 

事業概要

地域の過疎化と関連の深い事項として、ビジネス、教育、医療の問題がある。この事業では、健康な地域社会をつくるとともに、地域社会に健康をテーマとしたビジネスを起こすことにつながる教育プログラムを作成し、地域と連携して普及活動を行うための基盤整備をする。さらに、この教育プログラムを用いて、大学のグローバル教育や生涯教育との連携をおこなう。これにより、大学教育の充実を行いながら、地域の活性化を目指す。

 

具体的な成果・効果

健康な地域社会を構築することをテーマとしたビジネスにつながる教育プログラムを作成する。これにより健康な地域社会を作る。地域の知を利用して地域の活性化を行うことにより、自立の精神を養う。

 

最終更新日:2017年3月16日