インスタントパーク「森の学校づくり」プロジェクト「アメリカポートランド流 こどもと作る未来のかたち 現地で体験してみませんか」を開催します[6月1日(木曜日)から6月7日(水曜日)]

2017年5月11日
 全米で1番住みたい街、グリーン&クリエイティブシティとして有名な米国オレゴン州ポートランドは子供と親/地域が向き合う社会、子供を地域の一員として社会参加させていく町として注目されています。本ツアーではこのポートランドで、子育てに理想的と思える環境を自ら作っているお母さん達や、子供たちが自然の中で遊びながら学ぶ現場を訪問/交流し、地域の未来に向けて大切なことは何か、食、コミュニティ、遊び、自然、様々な角度から体感します。子供と一緒に街づくりする活動にも参加します。
 
 
森の学校PDXフライヤー0504_s.jpg
 
 
徳島大学フューチャーセンターA.BA 
インスタントパーク「森の学校づくり」プロジェクト
 
アメリカポートランド流
「こどもと作る未来のかたち」
現地で体感してみませんか
 
 
■開催日:平成29年6月1日(木曜日)〜平成29年6月7日(水曜日)
 
■開催場所:米国オレゴン州ポートランド(現地集合・現地解散)
 
■対象:子育て中のママ/パパ、子育て支援の関係者、大学生、地方創生担当者、行政職員、次世代育成に興味ある国内外の方々
 
■定員:5〜10名
 
■申込締切:平成29年5月16日(火曜日)
 
■現地ツアー費用:75,000円
※ツアー費用に旅費/宿泊費は含まれません
 
訪問先と体験例: 食育を広める地域NPO、多世代型エコヴィレッジの訪問、ユニークな教育を行う現地学校(公立、私立、ファーム隣接型学校など)の視察と、 フィールドワークへの参加。ポートランドネイバーフッド別のまちづくり、コミュニティづくりの比較。現地の教育者、保護者との意見交換会。 子育て支援の場見学。年に一度のシティリペア主催の村つくり集会(VBC)へ参加し、交差点ペインティング、ナチュラルビルディングを体験。 地産地消を奨める地元スーパーや地域ファーマーズマーケットの視察。シティリペア主宰、コミュニティ建築家マークレイクマンさんと、地元の パーマカルチャー・アウトドア教育のリーダー、マットビボウさんを招いての森の学校をつくろう、特別ワークショップなど。
 
 
 
■主催:徳島大学地域創生センター(上勝学舎)
■共催:徳島県上勝町
■現地企画/ガイド/通訳:Portland Life Sampling (Portland)
■協力:IPEC (Portland)
■連携:Japan Portland Waku-waku Doki-doki Association
 

 

 

お申込み・お問い合わせ先

徳島大学地域創生センター

(徳島大学研究・社会連携部 地域創生課社会貢献係)

住所:〒770-8502 徳島市南常三島町1丁目1番地

電話番号:088-656-7642 FAX:088-656-9880

メールアドレス:cr-office@tokushima-u.ac.jp

 

掲載日:2017年4月12日

地図

ポートランド