徳島大学上勝学舎報告会を開催します[2月28日(土曜日)]

2015年2月25日

農山漁村を元気にする人材を育成し、地域づくりを研究する徳島大学の上勝学舎では、「地域の課題解決」と「新たな価値創造」、「実践コラボ型」をテーマに、平成26年度の報告会を行います。

徳島大学の研究者や学生からの報告に加え、上勝町をフィールドワークした大阪大学学生、阿南工業高等専門学校学生からの報告も併せて行います。

 

平成26年度 徳島大学上勝学舎並びに大阪大学・阿南高専の研究活動報告会

■テーマ:平成26年度活動報告(課題解決アプローチ、価値創造のアプローチ、実践コラボ型アプローチ)

■開催日:平成27年2月28日(土曜日)13時00分~17時00分

■開催場所:上勝町福原ふれあいセンター(月ヶ谷温泉となり)

(徳島県勝浦郡上勝町福原平間45-2 )

■参加費: 無料

■主催: 徳島大学 地域創生センター 上勝学舎

■共催: 大阪大学人間科学研究科グローバル人間学専攻、阿南高専建設システム工学科・加藤研究室、上勝町

■協力:ふるさと愛好会(徳島大学)、Frontier Student(徳島大学)、グリーンバード徳島チーム

■お申込方法:申込不要(当日会場までお越しください。

 

プログラム

  • 13時00分 開会・挨拶
    • 開会
      澤田 俊明(徳島大学地域創生センター客員教授)
    • 挨拶
      花本 靖(上勝町長)
  • 13時10分 課題解決のアプローチ
    • 集落再生
      平田 文昭(野尻名副総代):集落再生報告(2)
      高垣 早織(大阪大学4年):住民と外部者の協働による地域活性化
    • 教育連携:上勝を探求し提案する大学生合宿の取り組み(インターユニ・フィールドプログラム)
      豊田 哲也(徳島大学地域創生センター副センター長):全国の学生が見つけた上勝町の魅力と課題、そして提案
      徳島大学生(徳島大学)ほか:傍示中央地区、谷口・大北地区、神田地区
  • 14時40分 価値創造のアプローチ(実践型教育の鼓動・棚田感動ビジネス)

    澤田 俊明(徳島大学地域創生センター客員教授):棚田感動ビジネスの概要

    小栗 美穂(徳島大学3年):棚田ライトアップの試行と今後(八重地地区・市宇地区)

    二宮 苑花(徳島大学2年)・松井 佑樹(徳島大学3年):棚田オープンファーム・棚田ノルディックの試行

    西上 広貴(徳島大学3年)・松井 佑樹(徳島大学3年):棚田ウェディングの試行

    氏師 悠貴(阿南高専5年):持続的な棚田保全の可能性調査、-棚田感動ビジネスから-

  • 16時10分 実践コラボ型アプローチの展開(新たな活動の視点)
    • 平成26年度上勝学舎の活動から
      澤田 俊明(徳島大学地域創生センター客員教授)
    • 実践コラボ型アプローチの展開
      山中 英生(徳島大学地域創生センター副センター長):次世代に向けた上勝学舎の新たな挑戦
  • 16時50分 閉会
    • 挨拶
      森 周一(上勝町副町長)
    • 閉会
      澤田 俊明(徳島大学地域創生センター客員教授)

 

 

お問い合わせ先

徳島大学 地域創生センター(担当:吉田)

住所:徳島県徳島市新蔵町2丁目24番地

電話番号:088-656-7642

メールアドレス:kamikatsu-school@tokushima-u.ac.jp

 

上勝町企画環境課

電話番号:0885-46-0111

掲載日:2015年2月19日

地図

上勝町福原ふれあいセンター