上勝学舎とは

上勝いろどり型中山間ビジネス創出のための人材養成拠点であり、徳島大学と徳島県上勝町との包括協定に基づいて行う事業です。

 

豊かな自然とコミュニティを基盤とした低炭素型でかつ力強く、持続性の高い地域社会形成を支える中山間ビジネスモデル構築で世界をリードする創発型人材の養成をめざします。

 

そのため、県下山村・全国過疎地等、地方の活性化/再生に役立つ知識・技能・基礎力を修得できる中山間ビジネス創出講座(講義・演習・実習、地域実証実験)を開講します。起業演習や模擬政策提言なども行います。

 

また、これら養成講座や起業演習の基礎として、「上勝学研究」を立ち上げ、上勝モデルの構築、成功を導いた要因の分析・失敗学、関連領域の研究者のネットワーク化、その他、中山間地域の活性化・再生に関する知見・資料の集積などに取り組みます。

 

徳島大学上勝学舎では、こうした独自の研究・開発の機能と同時に、上勝町を訪れる大学等研究機関・組織、NPO、視察者、グリーンツーリストなどの情報収集・活動を支援するハブ施設として、またレジデント型研究の支援施設として、体制を構築し、機能強化を図っていきます。

 

これらの事業はすべて上勝町役場、町内産業、農林業生産者、住民との連携のもと行います。徳島大学常三島キャンパスにも「上勝研究ラボ」を設置します。