地域交流シンポジウム「未来のイノベーターどう育てるか」を開催します[11月8日(土曜日)]

2014年10月24日

徳島大学では、地域貢献・地域交流事業として、平成15年度から「地域交流シンポジウム」を開催しています。

今年度は、高校生、中学生、小学生など若者による「近未来商品づくり」をテーマに、地域交流シンポジウム「未来のイノベーターどう育てるか」を開催いたします。

講師には、米国オレゴン州ポートランド近郊のビーバートンにあるナイキ本社のイノベーション部門「キッチンラボ」にて未来商品の開発に携わっておられるフットウェアデザイナーTetsuya Thomas Minami氏をお招きし、ナイキの商品開発、市場最前線、イノベーション戦略などを紹介いただきます。また、Minamiさんの靴作りモデルをヒントに、食と健康コミュニティづくりや6次産品ブランド化による地方創生の実践的アイデアを見いだしていきたいと思います。たくさんのご参加をお待ちしています。

 

 地域交流シンポジウム「未来のイノベーターをどう育てるか」

 

 

基調講演

講師紹介

  • Tetsuya Thomas Minami 氏
    ナイキ本社 (米国オレゴン州ビーバートン)
    イノベーションキッチン シニアデザインイノベーター
    1979年アメリカニュージャージー州生まれ。1歳から高校(大阪府立寝屋川高校)卒業までを日本で過ごした後、アメリカに戻り、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校にてインダストリアルデザインを学ぶ。
    在学中に、IDEO賞を受賞したNectar Designのようなハイレベルのデザイン会社等でインターンシップを経験するとともに、全米最大の日系社会人サッカーリーグ(L.A.J-リーグ)の強豪、カリフォルニア州アーバインのFC ADLERのプレイヤー兼コーチにも就任した。大学卒業の2004年から米国オレゴン州ビーバートンにあるナイキ本社にてフットウェアデザイナーとして活躍。
    サッカースパイクを中心に数々のヒット商品を世に送り出した。現在はナイキイノベーションキッチンという次世代商品を開発するプロジェクトに携わっている。

 

■日時:平成26年11月8日(土曜日)13時30分から16時00分

■場所:徳島大学常三島けやきホール(地域連携大ホール)

(770-8502 徳島市南常三島町1丁目1番地)

■定員:150名

■参加費:無料

■主催:徳島大学

■後援:徳島県教育委員会

■申込方法:

「氏名、住所、連絡先(電話番号)、所属(学校名および学年)、参加人数」をご記入の上、11月7日(金曜日)までにメール、電話又はFAXにて下記までお申込ください。

 

お問い合わせ先・参加申込み先

徳島大学企画・評価課社会貢献係

住所:〒770-8501 徳島市新蔵町2丁目24番地

電話番号:088-656-9752  FAX:088-656-9965

メールアドレス:khkoukenc@tokushima-u.ac.jp

掲載日:2014年10月24日

地図

徳島大学常三島けやきホール(地域連携大ホール)