総務省ICTふるさと元気事業「とくった-」への参加記念講演を開催

2010年6月11日

徳島大学地域創生センターでは、総務省ICTふるさと元気再生事業に採択された「とくった-」への事業参加を記念して、6月22日(火)に徳島ICTスタートアップセミナーを開催いたします。

とくったー

「とくった-」は、NPO法人徳島インターネット市民塾が総務省ICTふるさと元気事業に提案し採択されたもので、ミニブログ“ツイッタ-”を徳島県の商店街活性化と高齢者コミュニケーションの促進に役立て、楽しく・元気で・活力あるまちづくりを実現しようとする事業です。

このたび、徳島大学地域創生センターでは、システムの開発をすることで本事業に参加することとなり、これを記念して、iPhone関連書籍の執筆活動等で著名なソフトバンクモバイル社のiPhoneシニアエヴァンジェリスト中山五輪男氏を招き、地域づくりへのスマートフォンやツイッターなどの役割・利活用と効果について講演していただきます。

また、「とくったー」専用アプリ開発を担当する徳島大学iPhoneアプリ開発チーム「make.app(メイク・アップ)」の活動報告を行います。

 

2.日時

平成22年6月22日(火)10:25~11:55

3.場所

徳島大学常三島キャンパス 工学部内共通講義棟 K602

(徳島市南常三島町2丁目)

4.講演者

中山 五輪男氏

(ソフトバンクモバイル株式会社 iPhone シニアエヴァンジェリスト)

5.講演題目

『スマートフォン・ツイッターは徳島のビジネス/生活をどうかえるのか』