地域創生センターセミナー「震災に強いまちづくりを考える」を開催します

2011年6月1日

6月18日(土)、徳島大学工業会館にて東日本大震災をうけ、地域社会による減災への取り組みをキーワードに、ワークショップ形式で「震災に強いまちづくり」について考えるセミナーを開催いたします。

 

趣旨

未曾有の大災害を引き起こした東日本大震災に、私達は改めて自然災害の驚異を知ることとなりました。今後30年以内に東海・東南海・南海地震の発生する確立は極めて高く、3つの地震が連動、または同時発生した場合、徳島県の被害想定として、死者1,300人、全壊家屋15,000棟という数字が示されています。現在、想定される地震規模の見直しも行われており、その結果によってはこれを上回る被害想定が示される可能性もあります。

また、地震に対する考え方も、防災から減災へ、つまり災害を防ぐことから、災害は起きるものとして、その際の被害をいかに軽減するかというように変化してきています。

今回のコモンズセミナーでは、地域社会による減災への取り組みをキーワードに、ワークショップ形式で「震災に強いまちづくり」について考えたいと思います。

 

日時:2011年6月18日 13:30~16:30

場所:徳島大学工業会館

定員:50名(先着順)

参加費:無料

主催:徳島大学地域創生センター地域マネジメント部門 NPO法人コモンズ

(第7回コモンズセミナーとの共催)

 

問合せ:NPO法人コモンズ

770-0814徳島市南常三島町1丁目2番地5里見ビル203

TEL,FAX:088-652-7666