協議会メンバー

「とくしま元気印イノベーション人材育成プログラム」では、事業協働機関ならびに徳島大学に以下の会議を設置し、各機関が相互に協力して事業を推進していきます。

 

事業協働機関内

  • とくしま元気印イノベーション人材育成協議会

学生の県内就職率向上のための教育プログラムや県内の雇用創出に関する事業計画について審議し、事業協働機関としての意思決定を行います。

 

  • 教育プログラム開発委員会

県内の雇用創出と学生の県内就職率向上のための教育プログラムの開発プロジェクトに基づく年度毎の事業計画の立案を行います。

また、徳島大学内の「COCプラスFD委員会」と連携して、『寺子屋式指導法』の実施と、インターンシップの改善・充実を図ります。

 

  • 教育プログラム開発委員会分野別分科会

教育プログラム開発委員会の下に、(1)次世代技術関連分野(LED、自動車、ロボット等)、(2)地域医療・福祉関連分野、(3)6次産業化関連分野、(4)地域づくり・観光関連分野の各分野の実働組織として置かれ、主に次の役割を担います。

  1. それぞれの関連分野が求めるニーズの把握とインターンシップ受入の障害となっている課題の発掘
  2. インターンシップ受入機関との組織的連携のあり方の検討
  3. インターンシップ受入のシステム化と受入ノウハウのマニュアル化
  4. 学内の専門教育とインターンシップを有機的に結び付ける「寺子屋方式」の開発
  • 参加校協働事業実施委員会

徳島大学と参加校による「とくしま高等教育コンソーシアム」の設置や県内就職率向上に向けた諸事業の検討・立案を行います。

 

協働機関

 

事業実施体制1

 

徳島大学内

  • COCプラス本部執行会議

事業を総括するとともに、事業実施にあたり必要となる指示や予算上の措置を行います。

 

  • COCプラス推進機構会議

全学的な事業の推進を行います。

 

  • プログラム教員会議(4分野)

4つの分野毎に設置し、各学部教務委員会との連携の下、各プログラムの推進を行うとともに、FD機能も兼ねています。

また、本会議から選出された代表者は、「COCプラスFD委員会」、「教育プログラム開発委員会」及び「分野別分科会」の委員となります。

 

  • COCプラスFD委員会

本委員会の委員は「プログラム教員会議」、「教育プログラム開発委員会」及び「分野別分科会」の委員を兼務することとしており、インターンシップ受入側からのニーズや課題をプログラム担当教員にも周知・共有し、翌年度の授業改善等に活用します。

 

事業実施体制2

 

最終更新日:2016年6月24日