教育カリキュラム改革

とくしま元気印イノベーター教育プログラム

「とくしま元気印イノベーション人材育成プログラム」では、卒業後に徳島県内で活躍することを希望する学生に、徳島県の未来を創造する4つの分野に合わせて、教養教育と関連する学部における専門分野とを組み合わせた教育プログラムを提供し、地方創生の担い手となる人材を育成します。

 

プログラムの構成と修了要件

プログラムの構成

本プログラムは、地域の文化や地域への理解・愛着を深める「地域理解のための教養科目」、地域の産業の課題解決に挑むにあたって必要となる専門分野の知識・理解を深める「専門教育プログラム科目」、職業人意識とコミュニケーション力を育成する「寺子屋式インターンシップ科目」の3つの部分で構成されます。これらの教育プログラムを全て履修し、所定の単位を取得した学生には学長名の修了証が授与され、地域への就職に役立てることができます。

※画像の上でクリックすると拡大版が表示されます。

 

 

プログラムの構成と修了要件

本プログラムを受講することで、徳島の課題を解決するために必要な4つの能力と2つの確信を身につけ、徳島の各地で地域イノベーションに意欲を持って参加し、活躍いていく人材として育つことが期待されます。

 

  • 4つの能力
    1 地域文化や地域への理解・愛着
    2 専門分野の知識・理解
    3 職業人意識とコミュニケーション力
    4 課題に挑戦する元気・覇気
  • 2つの確信
    1 地域の将来に対するビジョン
    2 地域で暮らすことのメリット

 

徳島の未来を創造する4つの分野

①次世代技術関連分野

徳島県はLEDの出荷額で全国1位、集積した世界有数のLED研究基盤があります。また、自動車関連産業やロボットテクノロジーは、徳島県のものづくり企業が有するLED、リチウムイオン電池CFRP(炭素繊維強化プラスチック)等、多くの次世代技術の応用が期待される分野です。

 

②地域医療・福祉関連分野

糖尿病患者は世界的に増加傾向にあり、徳島県は糖尿病死亡率が非常に高い地域です。このことから、徳島大学、徳島文理大学、大塚製薬、そして徳島県が連携・協力して糖尿病の世界レベルの研究拠点を育成する「とくしま『健幸』イノベーション構想」を推進しています。また、徳島県は高齢者率が高く、介護・福祉分野の人的・物的投資拡大が不可欠です。

 

③6次産業化関連分野

徳島県は、生産額が全国1位のすだちをはじめとして、阿波尾鶏、カリフラワー、洋ラン、生しいたけなど、全国シェアで上位を占めるブランド農林水産物を数多く有しています。このような背景を受けて、新たな農林水産技術の開発と6次産業化を進める拠点づくりが進められており、食料・バイオ分野で次世代を担う人材に対するニーズが高まっています。

 

④地域づくり・観光・ICT関連分野

葉っぱビジネスの上勝町、サテライトオフィスが集積する神山町、世界から観光客が訪れる祖谷渓、全国から若者が集まるマチ☆アソビなど、徳島県は全国から注目される地域づくりの事例や観光コンテンツを有しています。このような取り組みを継承・発展させて、徳島に新しい人の流れを作り出すことが徳島の未来を創造する鍵となります。

 

履修案内パンフレット

履修案内パンフレット.png

2017年度とくしま元気印イノベーター教育プログラム
履修案内パンフレット

全ページ.Pdf(14MB)

 目次

  1 はじめに

  2 徳島の未来を創造する4つの分野

  3 プログラムの構成と修了要件

  4 育成する能力・態度・志向性

  5 教育プログラム履修マップ

  • 総合科学部
  • 医学部
  • 歯学部
  • 薬学部
  • 理工学部
  • 生物資源産業学部

  6 地域科学教育科目の紹介

  • 食の地域経済学/日本農業を考える
  • ボランティアパスポート入門
  • ボランティア活動から学ぶグローバル社会と地域社会/
    ボランティアリーダーと語る地域社会
  • 徳島を考える
  • 地域の自然と食材
  • 埋もれた文化遺産Ⅰ/埋もれた文化遺産Ⅱ
  • ボランティア実践
  • 地方行政経営論
  • まちづくり入門
  • 地球環境と持続可能な社会
  • 統計データから見る徳島県
  • 平成29年度新規開講授業

 

最終更新日:2017年11月2日