教育カリキュラム改革

教育カリキュラム改革

概要

  • 何をやるの?

関西や東京圏への人口流出による人口減少や高齢社会化など、過疎県としての課題を解決するため、徳島県内の産、学、官が「とくしま元気印イノベーション人材育成協議会」を作り、それぞれの役割分担と緊密な連携の下、インターンシップにチュートリアル方式を取り入れた「寺子屋式指導法」をはじめとする教育プログラムの開発や雇用創出に取り組み、徳島のイノベーションに意欲と専門知識等の能力を持って主体的に参画する「元気印イノベーション人材」を育成し、県内就職率の向上を目指します。

 

  • どんな教育をするの?

地域志向科目の履修を必修化するとともに、徳島において雇用創出と就職率向上が期待できる(1)次世代技術(LED・自動車・ロボット等)、(2)地域医療・福祉、(3)6次産業化及び(4)地域づくり・観光・ICTの4分野に合わせた教育プログラムを開発し、「ボランティア・パスポート」や「専門教育プログラム」、「寺子屋式インターンシップ」により「元気印イノベーション人材」を育成する『とくしま元気印イノベーター教育プログラム』を実施します。

 

  • どんな人を育てるの?

地域に理解と愛着を持ち、地域の産業振興と課題解決に積極的に参画する、『4つの能力』((1)地域文化や地域への理解・愛着、(2)当該業種に必要な専門分野の知識・理解、(3)明確な職業人意識とコミュニケーション力、(4)課題に挑戦する元気・覇気)と『2つの確信』((1)地域の将来に対するビジョン、(2)地域で暮らすことのメリット)を持った「元気印イノベーション人材」を育成します。

 

 

各参加校の取り組み

  • 徳島大学

入学者全員が「地域志向科目」を履修し、地域の文化や地域への理解・愛着を深めます。

2年生以上の希望者は、地域と主体的に関わる教育「ボランティア・パスポート」、専門分野の知識・理解を進める「専門教育プログラム」及び職業人意識とコミュニケーション力を育成する「寺子屋インターンシップ」を履修し、「地域志向科目」を含めて20単位以上を取得した学生には、学長から県内就職に有効な修了証が交付されます。

 

  • 四国大学・四国大学短期大学部

地域の大学群と地元自治体・企業と連携して、やる気のある・チャレンジ精神に富む学生を育てるプログラム等を実施します。

2年生以上の希望者は、地域と主体的に関わる教育「ボランティア・パスポート」、専門分野の知識・理解を進める「専門教育プログラム」及び職業人意識とコミュニケーション力を育成する「寺子屋インターンシップ」を履修し、「地域志向科目」を含めて20単位以上を取得した学生には、学長から県内就職に有効な修了証が交付されます。

  • とくしまサイコー塾

起業家と交流し、考え方、生き方を学びます。

  • とくしま学生ビジネスプラン道場

ビジネスに必要なプレゼンテーションなどを学びます。

  • 社長のかばんもち

社長のもとで秘書的な業務を行い、スピード感、決断力などを学びます。

  • チャレンジショップ

学内の地域教育・地域活動とも連携して様々なビジネスのノウハウを学びます。

 

  • 徳島文理大学

全新入生が「地域学」と「遍路ウォーク」を受講します。さらに、徳島県と連携した科目「ボランティア・パスポート」も平成28年度よりスタートしました。また、「地域医療・福祉分野」「地域づくり・観光分野」「6次産業化分野」の各分野では、地域のトップを招いた講演会や実際に地域へ出向いて地域の魅力や課題について学ぶフィールドワーク等を行っています。こうした授業を通して、徳島県の抱える課題の解決や発展に寄与できる人材の育成を目指しています。

 

  • 徳島工業短期大学

学生を対象とする技術講習会、技術講演会を実施し、自動車技術を通して地元企業の取組を紹介することにより、学生の地元企業への関心を高めていきます。

 

  • 阿南工業高等専門学校
  • 学生の夢を育てる

インターンシップを通して、将来の夢を実現できる県内企業の魅力を知ることにより、就職につなげることができます。

  • 県内企業の魅力を伝える

若い時期からキャリア教育を実施することによって、将来の夢を与え、技術者像や職種などの理解を促すとともに、県内企業の魅力を伝えます。

  • 県内企業と一緒にエリート技術者を育てる

長期インターンシップを実施し、新たなインターンシップの教育効果をあげることによって優秀な人材教育に努めます。

 

事業パンフレット

▼事業パフレットはこちら(クリックするとパンフレット(PDF:1MB)が大きく表示されます)

 事業パンフレット

 

最終更新日:2016年6月27日