2/26 第3回ダイアログBAR in 徳島大学の御案内

2014年2月12日

2-26.PNG

 

 

お申込みはこちらから!→http://bit.ly/1bSdL8q

 

 

2008年4月にスタートしたダイアログBARは、これまで2500人を超える人が参加し、様々なつながりと新しい未来をつくってきました。2013年12月から、徳島大学産学官連携推進部、徳島大学地域創生センターとミラツクが協力し、新しいダイアログBARが始まりました。

第3回は、「プロジェクトの実行を実現するクラウドファンディングの力」をテーマに、国内最大規模のクラウドファンディングサイトを運営するREADYFOR?代表の米良はるかさんにお越しいただきます。 

様々な立場から同じような関心・課題意識を持った仲間が集まり、その仲間たちとアイデアを具体化し実現するための”つながり”と”協働”が生まれる「ダイアログBAR in 徳島大学」で、多くの方とお会い出来るのを楽しみにしています。

 

主催:徳島大学産学官連携推進部
共催:徳島大学地域創生センター、NPO法人ミラツク

※ダイアログBAR in 徳島大学は、文部科学省の「大学等シーズ・ニーズ創出強化支援事業」(イノベーションン対話促進プログラム)として実施されます。

 

 

tokudai_dialog3.jpg

 

<開催概要>

時間:18:30〜21:00(18:20開場)

会場:徳島大学 工業会館(常三島キャンパス内) 工学部側右上
(アクセス)http://www.tokushima-u.ac.jp/campusmap/josanjima/

参加費:無料

対象:より良い地域づくり、大学と地域の連携、市民活動、NPO活動、ソーシャルビジネスなどに関心のある方
(徳島大学の学生・教職員に限らず、一般の方もご参加いただけます)

定員:40名(先着順)

 

内容:
◯18:30-19:30
ゲストによるトークセッション(ゲスト:READYFOR?代表 米良はるかさん)

◯19:45-21:00
ダイアログセッション(ファシリテーター:NPOミラツク 代表理事 西村勇哉)

 

連絡先:徳島大学産学官連携推進部 イノベーション対話促進プログラムオフィス
TEL:088-656-9826、E-mail:cr-dialog@tokushima-u.ac.jp

 

<ゲストの紹介>

◯米良はるか(めら はるか)さん

READYFOR? https://readyfor.jp/

慶應義塾大学経済学部卒業。同大学院メディアデザイン研究科修了。大学院時代に米スタンフォード大学に短期留学。2011年3月にWeb関連会社オーマで日本初のクラウドファンディングサービス、「READYFOR?(レディーフォー)」を立ち上げる。

世界経済フォーラムによって結成された若手リーダーのコミュニティ「Global Shapers Community」東京メンバーの1人として選出され、2012年に最年少でダボス会議に参加した。 

 

<ファシリテーターの紹介>

◯西村勇哉(にしむら ゆうや)

NPO法人ミラツク代表理事 http://emerging-future.org/

大阪大学大学院にて人間科学(Human Science)の修士を取得。人材育成企業、財団法人日本生産性本部を経て、2008年より開始したダイアログBARの活動を前身に2011年にNPO法人ミラツクを設立。 

Emerging Future we already have(既に在る未来を手にする)をテーマに、社会起業家、企業、NPO、行政、大学など異なる立場の人たちが加わる、セクターを超えたソーシャルイノベーションのプラットフォームづくりに取り組む。