大学教育の国際化加速プログラム

英語力を基盤とする新国際化教育プログラム(サマープログラムと短期海外派遣による国際相互交流の推進)

取組の目的と概要

この取り組みでは、学生の「英語によるコミュニケーション能力の向上」とそれによる「教育の国際化」という目標を達成するため、(1)海外の学生を対象とした英語による短期集中講義を実施して本学の学生を共に参加させる「サマープログラム」と(2)海外拠点校や学術交流協定校が行うリサーチプログラム等へ学部学生、大学院生を派遣する「短期海外派遣」を実施します。

このことにより、英語圏、非英語圏の国の学生の英語力に接する学生環境の下で、日本人学生の英語によるコミュニケーション能力の向上と発信型言語能力の強化を図るものです。

さらに、この取り組みは、ヘルスバイオサイエンス研究部の「統合医療学際教育英語プログラム」先端技術教育部「ダブル・ディグリープログラム」の実績を踏まえ、「サマープログラム」及び「短期海外派遣」の実施を通して、国際的教育連携による大学教育のグローバル化を目指しています。

最終更新日:2011年3月18日