大学教育再生加速プログラム(AP)-平成28年度実施計画-

平成28年度実施計画

項目取組内容
  1. 「SIH道場-アクティブ・ラーニング入門-」の実施
  • 各学科において「SIH道場」を実施(学修への動機づけ、アクティブ・ラーニングの基礎となるラーニングスキルの修得、学修の省察を行う)
  • 授業設計コーディネーター(各学科1名)を中心とした学科教員が授業を担当し、担当教員はOJT型FDとしてアクティブ・ラーニング型授業を実践し、eポートフォリオシステムを用いて授業実践を省察する。
  1. 「SIH道場-アクティブ・ラーニング入門-」の効果検証
  • 受講生対象アンケートの実施および分析
  • SIH道場振り返りシンポジウムの開催
  • SIH道場WG(教育について考え提案する学生・教職員専門委員会)による評価
  • 外部評価委員会による評価
  • 平成28年度事業実施報告書の作成
  • 学生の能動的学修の実態に関する指標の作成
  • SIH道場での学びが他の科目に与えた効果についての調査
  1. 「SIH道場-アクティブ・ラーニング入門-」の改善
  • 平成29年度「SIH道場」に向けた学部・学科での授業設計の支援
  • 反転授業用コンテンツおよび学生用テキストの改訂
  1. アクティブ・ラーニング手法の共有化
  • アクティブ・ラーニングに関するシンポジウムの開催
  • 反転授業に関するシンポジウムの開催
  • アクティブ・ラーニング事例集の作成
  • アクティブ・ラーニングに関するFDのeラーニング化に向けたコンテンツ作成
  1. FDプログラムの提供
  • 平成29年度SIH道場授業担当者を対象とするFDの実施
  • アクティブ・ラーニングに関するFDプログラムの企画・実施
  1. 情報発信
  • 大学ウェブページでの掲載内容の更新
最終更新日:2016年5月27日