薬物乱用防止

薬物乱用防止

最近、学生や社会人による大麻や合成麻薬、覚醒剤などの薬物乱用者が増えており、このことが社会問題になっています。

薬物の乱用は、身体に危害を及ぼすだけでなく、家庭を崩壊させ、社会の秩序を乱す等計り知れない悪影響を及ぼします。そのため、薬物を所持・使用することが法律で厳しく規制されており、たとえば大麻を栽培した者は7年以下の懲役、所持、譲渡した者は5年以下の懲役に処せられます。

誘惑に負けない強い意志と断る勇気を持ち、一回でも使用してはいけません。

薬物を乱用すると

  • 脳をおかされて、心も身体もメチャクチャになる
  • 自分の意志では止められなくなる
  • 幻覚や妄想が現れ、殺人等の重大犯罪を引き起こす
  • 薬物欲しさに犯罪をおかすようになる
  • 法律できびしく禁止されており、重い罰を受ける
  • 友人や家族を失う
最終更新日:2011年3月17日