コミュニケーションマーク及びコミュニケーション旗

コミュニケーションマーク


徳島大学が60年間で培ってきた「進取の気風」をベースに、人が躍動し、個性的で未来に立ち向かう教育研究の場をイメージしました。また、5つの色は、それぞれ下記のような意味を込めています。

赤色=優れた専門性、人間性に富む人格形成の場

青色=真理を探求し、自由な発想による研究

黄色=地域社会と世界を結ぶ知的ネットワークの拠点

緑色=徳島県の豊かな自然、眉山や城山など、都市の中の緑

水色=吉野川をはじめ、潤いと恵みをもたらす水環境

 

使用した書体は、ローマ字の起源であるローマ時代、トラヤヌス帝の碑文を源にするTrajanであり、学問の歴史と大学の伝統、格調の高さを示しています。

左に位置するイラストレーションは、躍動感をイメージし、殻を破るような勢いと水のような流動性を表現しています。

 

コミュニケーション旗


 

 

その他(レターヘッド等の使用例)

使用例1


使用例2


 

最終更新日:2016年2月25日