大学院の教育研究上の目的

総合科学教育部の教育研究上の目的

総合科学教育部は、持続可能な地域社会を目指して、文化環境・社会環境・自然環境を総合・融合・俯瞰する環境調和型の地域社会づくりに携わる人材、並びに、地域再生・地域創生の担い手となる教育研究者及び専門的実務者を養成することを目的とする。

医科学教育部の教育研究上の目的

医科学教育部は、学際的な医科学教育を通して、生命科学の発展と医学・医療の高度化に対応した生命倫理に関する十分な見識を持ち、科学技術に偏向することのない高度な研究能力と学識を備えるとともに、社会に視野を向け貢献することのできる人間性豊かな研究者及び臨床医を養成し、併せて個性的な研究を推進、結実させ、未来を創る活力を持った大学院として医学の進歩と国民の健康の増進に寄与することを目的とする。

口腔科学教育部の教育研究上の目的

(口腔保健学専攻)

口腔保健学専攻は、口腔保健に関する豊かな専門的知識・技能及び科学的探求心を身につけた、次世代の歯科衛生士教育を担う教育・研究者又は健康長寿社会の実現に貢献する高度専門職業人の養成を目的とする。

(口腔科学専攻)

口腔科学専攻は、口腔科学並びに隣接する分野に関する学術の理論及び応用の教育研究を通じて、幅広い科学的基盤を持ち、かつ、専門性に秀でた、教育・研究・臨床並びに歯科行政などの分野で指導的役割を担う人材の育成を目的とする。

薬科学教育部の教育研究上の目的

(創薬科学専攻)

創薬科学専攻は、創薬科学に関する体系的な教育及び研究指導を通して、広い視野及び国際的に通用 する力量を持った創薬・製薬の研究を遂行できる人材の養成を目的とする。

(薬学専攻)

薬学専攻は、医療現場に直結した研究指導及び臨床薬剤師としてのリスクマネジメント等の実務実習を通して、最先端の薬物治療を支える研究実践能力を備えた高度な職能を有し、国民の健康増進に寄与する指導的薬剤師及び医療薬学研究者の養成を目的とする。

栄養生命科学教育部の教育研究上の目的

栄養生命科学教育部は、医療機関や地域社会・産業分野で活躍する高度専門職業人、また教育研究機関で活躍する先端的な教育研究者の養成を目指し、基礎生命科学から多様な医療関連知識等を含む人間栄養学に関する幅広い教育を行うとともに、社会の要請に対応できる先導的研究を推進し、教育研究の成果を通じた人材育成及び社会貢献により、栄養学の発展に寄与することを目的とする。

保健科学教育部の教育研究上の目的

本教育部は、保健科学における実践的かつ実証的な教育研究を通して、生命倫理とチーム医療を尊重し、かつ社会の多様なニーズに応えることのできる人間性豊かな高度専門職業人及び教育・研究者の養成を目指すとともに、社会の要請に貢献する先導的な研究を推進し、保健科学の発展に寄与する。

先端技術科学教育部の教育研究上の目的

  • (1)豊かな人格と教養並びに自発的意欲を育て、工学の基礎知識を基とした分析力や課題探求・解決能力を備え、社会の変化に柔軟に対応できる自律的な応用力と創造力を持つ技術者・研究者を育成する。
  • (2)工業分野の広角的な教育を実施し、幅広い視点で現代社会に生じている問題の分析力や解決能力を備えた人材を育成する。
  • (3)国際レベルの先進的研究を推進し、豊かで健全な社会の創造に貢献する。
  • (4)地域社会の活力ある発展のために、社会人の再教育、地域企業との共同研究による技術開発を推進する。
  • (5)平和な国際社会を構築するための国際交流を活性化する。
最終更新日:2014年10月21日