財務内容の改善に関する目標を達成するためにとるべき措置

1)外部研究資金その他の自己収入の増加に関する目標を達成するための措置

○科学研究費補助金、受託研究、奨学寄附金等外部資金増加に関する具体的方策

  • より多くの外部資金及び自己収入を獲得するため、科学研究費補助金、受託研究奨学寄附金、共同研究等に関して情報の収集・提供及び各部局等に対する指導を行う。

○収入を伴う事業の実施に関する具体的方策

  • 経営改善に資するため、導入した管理会計システムにより収集したデータの分析を行い、経営改善策を企画立案する。
  • 自己収入の増収を図るため、資産の使用収益許可範囲の見直しを行う。

2)経費の抑制に関する目標を達成するための措置

○管理的経費の抑制に関する具体的方策

  • 管理業務に係る経費の節減を図るため、外部委託、契約方法等の見直しを行う。
  • エネルギーの使用を削減するため、手法等を検討する。

3)資産の運用管理の改善に関する目標を達成するための措置

○資産の効率的・効果的運用を図るための具体的方策

  • 施設基礎情報及び施設利用状況を把握するための施設情報管理システムを改善する。
  • 学内の大型機器の効率的な運用を図るため、共同利用、運用管理を全学的に推進する。
最終更新日:2011年3月22日