その他

1)施設・設備に関する計画

施設・設備の内容予定額(百万円)財源
・医学系総合実験研究棟改修
総額1,547 施設整備費補助金(862)
・小規模改修 国立大学財務・経営センター
施設費交付金(45)
・地域・国際交流プラザ(日亜会館) 民間出えん金(640)

注1)民間出えん金により「地域・国際交流プラザ(日亜会館)」を整備する予定である。

注2)金額については見込であり、中期目標を達成するために必要な業務の実施状況等を勘案した施設・設備の整備や老朽度合等を勘案した施設・設備の改修等が追加されることもある。

2)人事に関する計画

○新規採用職員の一部及びプロジェクト研究等に任期制を適用し、教員の流動性を高め、教育及び研究の活性化を図る。

○将来構想を実現するための機動的な人員管理を行うため、学長裁量による人件費枠を確保し、重点計画に期限付きで配置する。
教員の業績評価を試行的に実施するとともに、事務系職員について新たな人事考課制度を検討する。

○事務系職員の専門性と企画立案能力を向上させるため、専門研修の充実等を図る。

(参考1)平成17年度の常勤職員数1,797人(役員8人を除く)
             また、任期付職員数の見込みを35人とする。

(参考2)平成17年度の人件費総額見込み 17,525百万円(退職手当は除く)

最終更新日:2011年3月22日